GOTO NEXT STAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

THE BLUE HEARTS 第2弾

前回の続き。

パンク・ロック
作詞作曲 甲本ヒロト

行き着く先はパンク・ロック。
難しい事はなにも必要としない。
ただ自分の気持ちに素直に、
ただ自分の気持ちに正直に。

僕 パンク・ロックが好きだ
中途ハンパな気持ちじゃなくて
本当に心から好きなんだ
僕 パンク・ロックが好きだ

このアルバムは3曲目からヒロト作詞作曲の歌が4曲続く。
この頃のヒロトの全ての主張が詰め込まれたかのように。
無論、これだけがヒロトの全てじゃない。
しかしブルーハーツのボーカルとしてのヒロトを表すには、
十分過ぎるほど濃い。




作詞作曲 甲本ヒロト

友情なんてのは寄せ集めて作るものじゃない。
いつか、どこかで、偶然にも出会った人が、
偶然にも同じ気持ちを抱いていた時に生まれるもの。
それは奇跡のような出来事だけど、
奇跡ではなく必然的に起こる事だ。
想いは想いを呼び出会いを与える。

そんな瞬間。友情が生まれた瞬間。
その時、何が言えるのか?
その時、何が出来るのか?

いつか来るべき日のために、
爆発寸前まで想いを溜め込み、
来るべき日に言いたい事が言えるように、
やりたい事をやれるように。
今やるべきことを我武者羅にやる。
ただボーっと生きてるだけじゃ何も生まない。

今しかぼくにしか できないことがある

そいつをやってやるんだ。



少年の詩
作詞作曲 甲本ヒロト

パンク・ロックでは世の中にアイロニーをぶちまけたような歌が多くある。
この歌もそういった歌の類だろう。
しかしそういった歌の多くはアイロニーを込めてつくられたわけではない。
ただ自分達が思った事を歌にしただけ。
そこに意味の二重性など存在しない。
頭と心のギャップをただ素直に表してるだけなんだと思う。

いろんな事が思い通りになったらいいのになあ

これは思い通りに行かない世の中に対する不満ではなく、
ただ単純にそう感じただけなんだろう。
シニシズムとは異なるものなのだ。
この歌を聞くときはそういったつもりで聞いてもらいたい。
そしたら全く違うもののように聞こえるから。




ブルーハーツのファーストアルバム、

『THE BLUE HEARTS』の4曲目から6曲目について語ってみました。
続きはまたの機会に。
スポンサーサイト
    23:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://gotonextstage0911.blog119.fc2.com/tb.php/99-197c6949
プロフィール

GOTO

Author:GOTO
釧路在住。
サラリーマン。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようつべ










ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ミニ写真館

雨の銀杏並木


銀閣寺


三国峠


オンネトー


美幌峠

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。